イエモの断酒日記/Yemo’s Living Sober diary

元 初期アルコール依存症(自認)女の断酒記録

5.断酒1日目/1st day of being Sober

こんにちは。

 

ようやく断酒日記というブログタイトルの内容に入らせて頂きますね^^;

これを書いているのは6月16日(断酒14日目)なので、振り返りとなりますがお付き合いください。

 

断酒1日目。

以下の「断酒決意の理由」でも記述した、背中の痛みが発生した翌日から断酒を始めました。

yemo.hatenadiary.jp

 

前回断酒にトライして6日目で挫折した2021年とは、圧倒的に違う点がありました。

 

それは自分の禁酒/断酒決意の動機です。

 

2021年時の動機ー>

胃痛のため病院に掛かった際、CTスキャンを見た医師から「肝臓が弱っていてこのまま飲み続けると肝硬変のリスクがある」と言われて、仕方なく「禁酒」を決意した

 

今回(2024年)の動機ー>

背中の痛みに不安を覚え、病院には行かなかったものの「アルコールに支配される自分はもう嫌だ!」と自らお酒をやめたい、「断酒」しようと心から思った

 

ちなみに、私の理解における「禁酒」と「断酒」の違いは、

「禁酒」:自分に対して一定期間、飲酒することを禁止すること

「断酒」:自分の意思で永遠に、飲酒することを断つこと

 

だと考えています。

よってこのブログではそのように言葉を選んでおります。

 

 

これまで何度もアルコールについて、(元)夫や母親から注意を受け、

それでも頑なに飲酒量や飲酒頻度を変えなかった(変えられなかった)私でしたが、

今回ついに自分で自分のことが嫌になったことが断酒の動機となりました。

 

 

やはり「自らの意思で決意する」ということが、何においても大事だと思います。

 

 

少し話が逸れますが、私はこれまでにダイエットや禁煙にも成功してきました。

詳細はいずれ書かせて頂こうと思いますが、それらが成功したのも「自らの意思で心底決意したとき」だったと思います。

 

だから、ダイエットも禁煙も断酒も、周囲がいくら説得しても、本人が決意しない限り達成は難しいと私は思います。

 

 

随分前置きが長くなりましたが、断酒1日目の私の様子は次のとおりでした。

  • お酒を飲まないことばかり考えて、頭の中がお酒のことで頭がいっぱい
  • 一方で、ストレスよりも「これから健康的な自分になるんだ!」という妙な興奮状態(ワクワク)
  • この時点では「まずは3日、できれば2週間を目標にしよう」と思っていた
  • 断酒ではなく週に3日、休肝日を設けるルールにしようか(そもそも自分が飲まないことなんてできるのか)とも考えていた
  • お酒や断酒のことが頭から離れないので、ひたすら断酒系You〇ubeを視聴
  • 眠れなかった

 

と、今振り返るとブレブレです。苦笑

とりあえず断酒1日目は、お酒への向き合い方を変えるという決意は固いものの、まだ設定がブレブレで、自分に対しても自信がありませんでした。

 

2日目につづく…

 

 

今日のドリンクは、初めて訪れた近所のカフェの、美味しくないぬるいカフェラテです汗 (断酒を開始するまでカフェ巡りなんてしたことなかったのに(バー一択)、最近はよくカフェを利用しています。自分の変化に驚くばかりです。)